便利な印鑑入れ

ケースイメージ

みなさん、印鑑はケースにしまっていますか?たとえば認印。
認印はとても使う頻度が高い印鑑ですが、宅配便の受け取り、郵便の書留、町内会の回覧板など玄関先でポンと捺すことが多いものです。

だから玄関の靴箱の上などに認印を常備している人は多いのではないでしょうか。
よく使う印鑑、認印。

使う場所は家の中だけではありません。仕事などにもよく使われています。
よく使うからこそいつも仕事のかばんの中に入れてあるという人もいますよね。
ということは、その印鑑はケースの中に入っているのがほとんどでしょう。

印鑑のケースってどんなものを使っていますか?
印鑑のケースには、よくあります牛革の高級なものから100円ショップなどで買えてしまうようなものまで値段もさまざまです。

かわいいものもたくさんあるんですよ。カラフルなケースもありますし、今どきの若い人が好みそうな、キラキラが付いたいわゆるデコレーションされているケースや印鑑とセットでデザインされているおしゃれなものもたくさんあるんです。
いつも持ち歩くものですからかわいい印鑑ケースを持って歩きたいですよね。

はじめの話に戻りますが、認印など頻繁に使うものは玄関においてありますが、玄関で使うものには普通の印鑑ではなくシャチハタを使う人も多いようですね。
それはいちいちケースから出し入れしなくてもいいからです。とにかく楽なんですよね。

でも、普通の印鑑でもシャチハタのようにポンとすぐに捺せるタイプのケースがあるんですよ。
印鑑も印鑑ケースもいろいろなものがありますから、自分の好みのものでそろえてみませんか?

ページの先頭へ